足立S邸

接骨院に隣接した住宅。

周囲に中高層が建ち並んでも良好な居住環境を保つため、建物の中央部に中庭を設け、そこに面して1階の居室を配置。プライバシーを守りながら明るさを採り入れている。

また、中庭は延焼の規制が外れるため、防火地域であっても網入りガラス使を使わずにすみ、クリアな眺めが得られている。

玄関は裏通りに面する位置にあり、暖簾で仕切られるシュークロークと、応接用の和室が隣接している。