岩槻N邸 離れ

住宅の敷地内に造られた、離れとしての建物。半分は仕事場として使うことが想定されている。
外観は、一見母屋との差異が目立つが、屋根の勾配を継承し、ゆるい連続性を持たせている。
内部は、梁を現した吹抜けが開放感を与え、数字以上の広さを感じる空間になっている。
階段の手摺壁にプロジェクターの台を設けるなど、スケール感を吟味した工夫を施している。


工事写真


これまでの仕事  次の物件

小田宗治建築設計事務所
Copyright (c) ODA ARCHITECTS All Right Reserved.