岩槻K工場増築  小田宗治建築設計事務所


ks-01.jpg

○工場
埼玉県さいたま市岩槻区
鉄骨造
竣工 2002.5
構造設計 吉田一成構造設計室
施工 中建工業


施主は、航空や医療関係の光学精密機器を製作する、1955年創業の工場である。

工場の敷地の中には、幾つかの棟が散在している。
昔の木造の小学校を移築して、工場に転用した棟がいちばん古く、その後、鉄骨の棟、プレハブの棟などが、必要に応じて増築されてきた。

しかし関連する部門どうしが別の棟にあるため、動線が長くなるなどの問題が生じていた。こうした問題を建築的に解決することが求められた。

ks-site.gif


ある部門のための専用の空間を増築することも考えられたが、予算をより効果的に使うため、各部門の配置換えをした上で、主要な二つの棟を通路でつなぐことにより、最適な動線をつくることを提案した。
工事は最小限に、効果は最大に、という方針である。

これに基づき、
2階同士を結ぶ鉄骨のブリッジ、
ブリッジへの出入口、
1階に新しく通用口、
1階同士の移動の段差をなくす土間コンクリート
を設けることになった。



    ks-00.jpg 施工前



    ks-02.jpg 施工後


鉄骨のブリッジは、
2階において2棟を最短に結びたいところだが、
1階においては、各棟の人や機械の出入りに邪魔にならないように、柱を慎重に配置する必要があった。
そのため、カギ型に曲がったデッキに、V字型の脚をもつ変則的な形状となっている。



ks-03.jpg
この計画のもう一つの方針として、
工場のイメージアップが求められた。
働く方々にとっても心地よい環境整備となるように心がけた。
耐久性のある亜鉛メッキの銀色は、工場のイメージに合うものでもあるが、これは年月とともに落ち着いた灰色へと変わって行く。
ks-04.jpg
ks-05.jpg
突き当たりは、機械設備の搬入出口。
通用口として新たにスチールドアを挿入した。
ks-06.jpg
ks-07.jpg
背後より見る。
ks-08.jpg
ks-09.jpg
手摺には亜鉛メッキのグレーチングという素材を使用している。一般に道路の側溝などに使われるなじみのある素材だが、使い方によって意外な表情を引き出そうとした。


今回は、ブリッジと呼応するようなデザインの
工場の看板(表札)も製作した。ざっくりとした造形と繊細なイメージの両立を考えた。
ks-10.jpg




これまでの仕事   次の物件   トップページ

Copyright (c) ODA ARCHITECTS All Right Reserved.