収納棚  小田宗治建築設計事務所





○造り付け収納
埼玉県さいたま市大宮区
制作 2000.10
施工 杢美堂


マンションの台所に設置した家具。
吊戸棚、天板、床置きの戸棚からなる。
左下はイスを格納する場所。

全体の調和を考え、飽きの来ない単純な造形にした。
たとえば、下の棚の二枚の開き扉の中央にツマミを付けてしまうと、上下の調和が崩れるので、ツマミ類はなくしている。
吊戸棚 幅 122.5×奥行 45×高さ 45 cm
仕上げ 扉 ウレタン塗装
    本体 ポリ合板
棚は天井まで付けず、あえて隙間を設けて、
長い物を収納する場所としている。

扉を押し上げると、ステーによって開いたまま固定される。
扉を引き下ろすと、ステーが緩衝材になり、
急に閉まらないようになっている。
扉の下端を掘り込み、ラッチを組込んでいる。
閉めた状態ではラッチは固定され、地震などで開かないようになっている。ラッチを押すと固定は解除される。
詳細 

上からラッチ、平丁番、ステー。
平丁番は、内側に出っ張らず、出し入れの邪魔にならない。
ラッチ部分は扉に掘込み加工をしているが、
扉全体をウレタン塗装にすることで継目なく仕上げている。
天板 幅 123.5×奥行 D45×厚さ 4 cm
仕上げ メラミン化粧板

天板の厚みは、強度的にはもっと薄くても構わないが、視覚的な安定感を重視した。
天板の上には電気器具も置けるように、左奥を斜めに切り欠いてコード穴にし、左下のコンセントにつなげられるようにしている。
戸棚 幅 81.5×奥行 45×高さ 82 cm
仕上げ 扉 ウレタン塗装
    本体 ポリ合板

扉の上部を掘り込んで引手とし、ツマミをなくしている。ぶつかるような出っ張りがなく、掃除の面でも機能的である。
収納量を重視したため、扉は床のすぐ近くまである。

閉めた状態で外側に丁番が見えないように、
また扉の開き方の構造から、スライド丁番を用いた。
詳細

扉の上部の掘込みが見える。
閉めたとき扉を固定するのは金属のボールキャッチ。軽快に開閉できる。


これまでの仕事   トップページ

Copyright (c) ODA ARCHITECTS All Right Reserved.