大宮PM

鉄骨造の集合住宅の、3階部分のリノベーション。
断熱性を高めるため、ALC外壁の内側にぐるりと壁を新設し、断熱材を仕込んだ。既存の窓については、内側の壁で塞いでしまったり、内側の壁にサイズを調整した開口を開けたりして、選択的に利用した。その開口には新たに窓や太鼓張りの障子を設けて、断熱性を保った(窓は二重窓となる)。
柱形や梁形、屋上の床の勾配など、既存の躯体形状は負の要素とならないようにデザインの中に取り込んだ。
外部は鉄骨階段に防風パネルを取付けるという最小限の操作によって、全体的な印象の変化を目指した。


● 竣工写真 スライドショー
  →フルスクリーン


これまでの仕事  次の物件

小田宗治建築設計事務所
Copyright (c) ODA ARCHITECTS All Right Reserved.