大宮PM

鉄骨造の集合住宅の、3階部分のリノベーション。

断熱性を高めるため、ALC外壁の内側にぐるりと壁を新設し、断熱材を仕込んだ。既存の窓は大きすぎたり多すぎたりしたので、内側の壁に小さい開口を設けたり、内側の壁で塞いだりして、選択的に利用。内側の開口には樹脂サッシ(二重窓)や太鼓張りの障子を設けて、断熱性を保っている。

既存の柱形や梁形、屋上スラブの勾配などは、違和感のないように溶け込ませた。

外部は鉄骨階段に防風パネルを取付けるという最小限の操作によって、印象の変化を試みた。