恵比寿Sオフィス

広さ800平米、140人ほどが働くIT系オフィスの内装工事。

常識にとらわれないデザインが求められ、什器や壁に木を多用した。

素材には杉の間伐材による集成材を使用。無垢の木の質感・香りのあるデスクが、フロア全体を貫くように配置され、川のような木の流れがオフィスの新しい風景を生んでいる。

独立柱の脇には腰高のロッカーを配置。立ち姿勢での打合せができるテーブルも兼ねている。

人の交流やミーティングを誘発する場を随所に設けている。

木を活かしたオフィスのストーリーを読む