恵比寿Sオフィス

広さ800平米、140人ほどが働くIT系オフィスの内装工事。

常識にとらわれないデザインが求められ、什器や壁に木を多用した。

無垢の木の質感・香りのある、杉の間伐材の集成材でデスクを作り、見通しのきく長い空間を貫くように配置。川のような木の流れが新しいオフィスの風景を生み出している。

規則的に並ぶ独立柱の脇には腰高のロッカーを配置し、立って打合せができる台を兼ねた。

人の交流やミーティングが誘発される場を随所に設けている。

木を活かしたオフィスのストーリーを読む