流山N邸

北向きの崖地という一見不利な敷地ながら、緑豊かな景観が楽しめるという利点を最大限に活かした住宅。

2階に持ち上げたリビングは、北側の緑地に全面的に窓を向け、南側の宅地に対しては壁で閉じた。その代わり、中庭状のバルコニーを設けることで、上方から南の光を取り込んだ。これにより、明るく、かつ隣家が視界に入らない快適なスペースを実現した。

住宅地でありながら別荘の感覚が味わえる家になっている。

外壁は窯業系の素地を活かしたサイディングを使用。