上尾W邸

敷地は中央で折れ曲がり、一方の端で接道し、もう一方は宅地に分け入る長い形をしている。隣家にとり囲まれた中で、それを感じさせない快適な場をいかに生み出すかを考えた。

周囲への圧迫感を抑える平屋建てとしつつ、視界になるべく隣家が入らないよう、部屋と窓の配置を立体的に検討した。LDKは1.5層相当の天井高に高窓を設けて空を望むとともに、プライバシーの守られた中庭に開くことで開放感を得ている。

細長い建物は廊下が多くなりがちだが、中庭に面した縁側として、個室の延長部分として、新たな意義を持たせている。