那須M邸 図面・資料  小田宗治建築設計事務所



mi-d-site.gif



mi-d-plan.gif



mi-d-sect.gif


mi-d-elev.gif



mi-d-data.gif





mi-f-1f.jpg 1階


mi-f-2f.jpg 2階


mi-f-rf.jpg 屋根



那須の自然林の中に建つ別荘である。
週末に、家族や大型犬とともに訪れ、ジャグジーや囲炉裏、薪ストーブなどを楽しめる場として計画された。

敷地は那須高原の奥、原生自然の残る一帯にある。
日光国立公園内であるため、公園法による建築の意匠の規制があり、三角形状の焦茶色の屋根が指定された。これを積極的な要素として取り込んで設計することが前提になった。

周囲の圧倒的な自然に対峙するため、建物にはある程度強さのある造形を求めた。焦茶色の立体が、帯状に、大地を這い、立上り、ねじれながら空中を走り抜ける――その立体の周囲や内部に生じる空間が、魅力的な居住の場にならないかと考えた。

焦茶色の立体の周囲は開放的な白い空間で、自然環境と直につながる。
一方、内部はより閉じた黒い空間で、要所に設けた天窓からの光によって内省的に自然と向き合う。

ここでの生活は、この焦茶色の立体といろいろな位相で関わりながら展開される。その脇にたたずむ、その中に入る、その下をくぐる、足の下に踏む、上下に挟まれるなど。そうした空間体験が、ここでの生活に飽きの来ない変化を与えて行くことを期待した。




mi-f-south.jpg 南側




mi-f-North.jpg 北側




那須M邸 表紙 / 外観・内部 / 夜景・他 / 図面・資料

これまでの仕事   次の物件   トップページ

Copyright (c) ODA ARCHITECTS All right Reserved.