足立S接骨院

中高層が建ち並ぶ幹線道路沿いに建つ、耐火木造による低層の木のボックス。

道路から向かって左側の閉じた部分は住宅で、右側が奥に長い接骨院になっている。

入口に導かれると、中は背の高い待合室で、高窓からの明るい光に迎えられる。

キュービックな受付ブースの奥には、やや明るさを落とした施術室が延び、天井面の木の装飾と間接照明が華やかさを演出。施術ベッドから天井を眺める患者さんに、くつろぎを感じてもらいたいと考えた。