大宮Nアトリエ小田宗治建築設計事務所


大宮Nアトリエ 2階アトリエ

縦横に連続する開口が空間に動きをもたらす。アトリエの奥は収蔵庫とバルコニーが続く

○アトリエ

  • 埼玉県さいたま市見沼区
  • 木造 2階建
  • 竣工 2003.11
  • 敷地 272平方m(82坪)
  • 延床 110平方m(33坪)
  • 施工 榊住建

雪の画家・根岸右司画伯のアトリエ。

母屋に接続するアトリエ棟を建て替え、
2階には130号の大きな絵が描けるアトリエと収蔵庫を、
1階には奥様の趣味で使う茶室を設けている。

それぞれの特有の機能を満たすことに撤しながらも、
日々の中で豊かさが感じられる建物を目指した。

大宮Nアトリエ 階段

絵の搬入出のため、階段の幅は約1.4mを確保。大開口からの光は階段を挟んでアトリエへと注ぐ

大宮Nアトリエ 1階広間・茶室

茶室となる広間。左の障子は壁の中に引き込める。右上の欄間にはスダレと透明アクリル板をはめ込む

大宮Nアトリエ 外観

大開口は幅3.6m・高さ3m。外壁は左官かき落し仕上