小田宗治建築設計事務所

◆ 仕事の流れは?
一つの物件を通しての、設計事務所の仕事の流れを紹介します。(多少前後したり、重なり合って進行することもあります)


1.相談、打合せ
お話を伺うことから全てが始まります。
この段階では建主さんの方で、まだ計画が固まっていないことも多く、どういうことが可能なのかという段階から提案できることがあります。簡単な調査をしたり、大まかな設計案を提示したりします。

2. 契約
相談、打合せを通して合意ができれば、正式に契約します。
(建主さんと設計者との「設計・監理契約」です)
行う業務の範囲や期間、設計料などを決めます。

3.基本設計
本格的に設計に取りかかります。
見取り図や模型を建主さんに提示しながら、打合せを重ね、設計を進めていきます。基本的な設計図面を作成します。

4.実施設計
材料、仕様、設備などを含め、細かい内容を詰めていきます。
工事のための詳細な図面を作成します。

5.法的な申請
計画が確定すれば、役所などに「建築確認」の申請をします。
(確認が済むまで一定の期間がかかります。長引く場合もあります)

6.工事契約に関する協力
建主さんが工事業者と「工事契約」に至るまで、様々な協力をします。
建主さんから特に業者の指定がなければ、いくつかの工事業者から見積りを取り、仕事の質なども考え合わせ、どこに依頼すべきかを助言します。また、見積りに応じて、設計の最終的な調整を行います。

7.工事監理
設計内容を工事業者に指示し、実際に正しく工事されているかを現場でチェックします。記録写真をとり、建主に工事の状況を報告します。
8.竣工引渡しの立会い
完成した建物を検査し、引渡しに立ち会います。工事業者から鍵の受け渡しや、使用上の注意の説明があります。引渡し書にサインが交わされ、建物が建主のものになります。

9.維持、管理への協力
工事業者が行う定期的な検査に立ち会ったり、現場の近くに立ち寄る際などに建物の様子を伺い、早期対処にご協力します。


[トップページ]
プロジェクトのストーリー
これまでの仕事
空間デザインの思考実験
◆ 仕事の内容は?
◆  〃 方針は?
◆  〃 流れは?
◆ よくある質問
◆ 一般に知っておきたいこと
◆ 個人の自己紹介
◆ お問い合わせ
◆ リンク

Copyright (c) ODA ARCHITECTS All Right Reserved.