小田宗治建築設計事務所


◆ 仕事の流れは?

一つの物件を通しての、設計事務所の仕事の流れを紹介します。(多少前後したり、重なり合って進行することもあります)

  • 1.相談・打合せ

    お話を伺うことから全てが始まります。

    この段階では建主さんの方で、まだ計画の概要が固まっていないことも多く、どういうことが可能なのかという段階から提案できることがあります(土地探しのご協力も含みます)。

    簡単な調査をしたり、大まかな設計案を提示したりします。


  • 2. 契約

    相談、打合せを通して、進めていこうという合意ができれば、正式に契約します(建主さんと設計者との「設計・監理契約」です)。

    行う業務の範囲や期間、設計料などを決めます。


  • 3.基本設計

    本格的に設計に取りかかります。

    見取り図や模型を建主さんに提示しながら、打合せを重ね、設計を進めていきます。基本的な設計図面を作成します。工事費の概算も検討します。


  • 4.実施設計

    構造計算、材料、仕様、設備などを含め、細かい内容を詰めていきます。

    工事のための詳細な図面を作成します。

    いくつかの工事業者から見積りを取り、予算に合わせて設計調整を行ないます(通常、複数回繰り返します)。


  • 5.法的な申請

    計画が確定すれば、審査機関に「建築確認」の申請をします。

    (確認が済むまで一定の期間がかかります。長引く場合もあります)


  • 6.工事契約に関する協力

    建主さんから特に業者の指定がなければ、いくつかの工事業者の中から、見積りと信頼性を考え合わせ、どこに依頼すべきかを助言します。

    建主さんが工事業者と「工事契約」を結ぶためのサポートをします。


  • 7.工事監理

    工事が始まります。

    設計内容を工事業者に的確に指示し、正しく工事されているかを現場でチェックします。記録写真をとり、建主さんに工事の状況を報告します。


  • 8.竣工引渡しの立会い

    完成した建物を検査し、引渡しに立ち会います。

    工事業者から鍵の受け渡しや、使用上の注意の説明があります。

    設計者から、各種書類の提出があります。


  • 9.維持・管理への協力

    気になる点や不具合、経年劣化等が生じた場合、早期対処にご協力します。劣化予防や改装のご相談にも対応します。