空間デザインの思考実験 小田宗治建築設計事務所


#2

四季の部屋 俯瞰アクソメ

四季の部屋 平面図

四季の部屋 〜時間と方位のマトリクス

地球上にある空間は、常に太陽の光と関係する。

そこで一年の春夏秋冬、一日の朝昼夕夜、方位の東西南北の違いを、
直接に感じられる空間を考えてみた。

庭と部屋を一組にし、それを4つ、それぞれ東西南北に向けた住宅である。

一日の内で、また一年の内で、最も光を受けられる部屋へと移動しながら使うことができる。

例えば、東向きの春の間で、朝日を浴びながら朝食をとるというように。

春・朝・東

夏・昼・南

秋・夕・西

冬・夜・北

地球と太陽の作り出すこのマトリクス(行列)に正確に対応した、
曼陀羅のような器とも言える。

各部屋からは、光を浴びた庭や、逆光で見る庭など、
それぞれ違った、個性的な表情の庭を楽しむことができる。

(全体は地下になっていて、屋根の上から庭に下りてアプローチするようになっている)

四季の部屋 冬の間

冬の間

四季の部屋 秋の間

秋の間

四季の部屋 夏の間

夏の間

四季の部屋 春の間

春の間